W650の備忘録かな。
いつもコウチャンとダブロクと一緒 TOP  > 

2018年度版北海道のんびりキャンプ泊速報編 最終日ー18日目

今ここにいます。 仙台。太平洋フェリーきそ泊。
20180708114111b14.jpeg

5日の午後、急用ができたとの連絡を受け、急遽予定を切り上げ帰ることにした。
スケジュール的にはまだ半分のところだけど、仕方がない。
でも、苫小牧発名古屋行きのフェリーは奇数日出航。
今日は無理だから、7日の便を予約した。

7月6日(金)ナウマン公園キャンプ場泊
出航待ちの今日、十勝平野の真ん中にあるナウマン公園キャンプ場の周りを走ってみた。
久しぶりに見る太陽。 今のうちだけだけど、、、、
道北、道東では牧草地が多かったけど、ここは広大な畑地が広がる。
201807081153336d6.jpeg
こんなに甘くて新鮮なトウモロコシを食べたことがない!
そばで皮をむいて茹でたのを食べさせてくれる。 これで280円は安すぎ!
20180708115334418.jpeg
それと絶品の雛鳥の味付きから揚げハーフ。
ケンタッキーもぶっとぶ味とボリュームだった。 その晩テント内に侵入したキツネも
その食べ残しだけを持って逃走した絶品の味w
カミサツナイの道の駅は、綺麗で美味いものが食べられて、お勧めです。
201807081309151d4.jpeg
ブラリとあてもなく周りを走ってみる。
本当に綺麗。
20180708114106c16.jpeg
キャンプ場に帰ってきたら、気になっていたトレラーハウスを牽引したサイドカーの人と話ができた。
フランス製でプジョーの2リッターエンジンを積んでるとか。詳細は本編で。
20180708114106094.jpeg



7月7日(土)
ナウマン公園キャンプ場は昨夜からまた雨。
カッパ着て撤収し、苫小牧フェリー乗場を目指す。
201807081141031fb.jpeg
ひたすら襟裳岬の北側を横断、快走。
2018071516360401d.jpeg
日高は競走馬のふるさと。
2018070811410724f.jpeg

201807081141088c5.jpeg
無事に苫小牧港に到着。
20180708114110209.jpeg

7月8日(日)
今日は一日フェリーの中。
これで速報編は終了です。
帰ったらまた宜しくです。





[ 2018年07月08日 11:59 ] カテゴリ:◎2018年度版 北海道ゆっくりキャンプ泊 速報編 | TB(-) | CM(0)

2018年度版北海道のんびりキャンプ泊速報編ー15日目

今ここにいます。 忠類ナウマン公園キャンプ場
2018070509455613b.jpeg

7月2日(月) 釧路逹古武オートキャンプ場泊
尾岱沼ふれあい公園キャンプ場のコテージから開陽台へ出発。
雨は今は止んでいる。
20180705094551cae.jpeg
綺麗に全周を見渡せるパノラマをゆっくり楽しみ、名物のハチミツソフトを食べる。
美味し!特にハチミツの味が最高。
20180705095230f4a.jpeg
フッ、何やってんだかw
ミニハンヴィーに戻って乗り込む時、後ろの座席に昨日キャンプ場で借りた電気ストーブ発見!
電話して途中にあった郵便局からゆうパックで返送した。
キャンプ場に着いて小雨の中設営したが、なんか嫌な予感がする、、、、、

7月3日(火)釧路逹古武オートキャンプ場泊
雨を予想して設備の整ったキャンプ場を選択したつもりだったが、大誤算ww
ここが釧路湿原の中なのを考えていなかった、、、、、
連日の雨でサイトは水が浸かっている。なんとか水溜りの少ないところを探して設営したが、
上からの雨は防げても、地面から湧き水みたいに出てくるのはどうしようもないww
大きい防水グランドシートで水を防ぐ。 コットでなかったら不安で寝れなかったと思う。
20180705094552622.jpeg
9時過ぎごろに雨が止んだので、キャンプ場の脇から釧路湿原の中にある逹古武木道を歩く。
巨大水芭蕉やエゾノシモツケ草やリスなんかと出会って楽しかったが、とにかく濡れた木道が滑る。
20180705094554052.jpeg
その後釧路に出て、コインランドリーと買い出し。
キャンプ場に戻る途中、釧路湿原の中を蛇行して流れる釧路川を見たくて8kmのダートを
走って細岡展望台へ行ってきた。
2018070510275129a.jpeg
素晴らしい!
展望台への木立に囲まれた道を歩いて行くと、いきなり開ける大展望。
201807051027525ad.jpeg
日本最大の湿原を見てキャンプ場に戻るが、また降り出した。
「記録的な大雨」これって、何度ラジオで聞いたかしらんw

7月4日(水)忠類ナウマン公園キャンプ場泊
水気たっぷりな逹古武オートキャンプ場を脱出して忠類のキャンプ場を目指す。
釧路湿原を横断する道を楽しみにしていたが、連日の雨で通行止め。
201807051027539eb.jpeg
仕方なく道道1038号線を走るが、これが素晴らしい景色の道だった。
根室本線と並走し太平洋を見ながら快走した。
20180705102754e48.jpeg
でも、なんてこった、、、、、
連日の雨の湿気のせいか、デジカメが起動しないw それほどひどい雨が続く。

無事忠類に到着し、雨も小雨になったので設営。
ここは昨年きたナウマン象の博物館の後ろになる。
201807051027566ce.jpeg

7月5日(木)
もちろん雨、それも台風崩れの温帯低気圧のせいで激しいwww
マア、休息日と思って博物館へ行ってこ。




[ 2018年07月05日 10:13 ] カテゴリ:◎2018年度版 北海道のんびりキャンプ泊 準備編 | TB(-) | CM(0)

2018年度版北海道のんびりキャンプ泊速報編ー11日目

今ここにいます。
20180701181600022.jpeg

6月29日(金)
オホーツクラインを東進。
途中、紋別流氷科学センターでクリオネを見たり、
マイナス25度体験をする。どれも見ごたえのある展示だった。
2018070118243744a.jpeg
例のカニのオブジェ。
201807011824383b6.jpeg
サロマ湖展望台へ行くのに、ケロチから網走側へ抜ける10kmの走りやすいダートを走る。
20180701182441f15.jpeg
相変わらずの雨模様だけど、小降りになったので近くのレイクサイドパークノトロでテントを張った。
明日30日も連泊。
20180701182442449.jpeg

6月30日((土)
久しぶりというか、北海道へ来て2度目の晴天。
201807011844024aa.jpeg
キャンプ場からツーリングマップルの表紙絵になった、ノトロ岬へ行って来た。
映画のロケ地にもなったとか。 そのあと網走市北方民族博物館を見学。
非常に大規模な施設で、充実した内容だった。
今日は一日休養日。

7月1日(日)
また朝から雨だけど、昨日羅臼のホエールウオッチングの予約が取れたので出発。
知床横断道路にある羅臼ビジターセンターを見学してから羅臼港から出航。
イルカやシャチ、ザトウクジラを船上から見れた。
画像はなしw
雨が止まないので、尾岱沼ふれあいキャンプ場のコテージ泊にした。
20180701184401d4f.jpeg

チョット疲れ気味w
雨のせいで、寒いし10倍疲れた感じ。

ではまた宜しくです。
[ 2018年07月01日 18:32 ] カテゴリ:◎2018年度版 北海道のんびりキャンプ泊 準備編 | TB(-) | CM(0)

2018年度版北海道のんびりキャンプ泊速報編ー 8日目

6月28日(木)興部道オコッペの駅列車泊

今ここにいます。
2018062814251167f.jpeg

雨で三連泊となった宗谷ふれあい公園オートキャンプ場。
いつまでたっても前に進めないので、雨の中撤収。
撤収が終わったら雨が止んだw まっ、キャンプあるあると思って気にしない。

キャンプ場を出発。
オホーツクラインを通らず、丘陵地を抜けて猿払に出る138号を選択。
お陰でザ北海道という風景を堪能出来たが、この後さらに凄いザ北海道が見られた。
オホーツクラインより海側を走るエサヌカ線。
本当に凄いザ北海道だった!
201806281425102ec.jpeg
エサヌカ線のもう一本海側のダートも走りたかったが、カミさんに拒否された。

今日は昨年内装工事中で泊まれなかった、興部の列車を改装した宿泊設備で泊まる。
201806281425091d6.jpeg
ライダーと同宿になりルート情報の交換で盛り上がる。

ではまた宜しくです。



[ 2018年06月28日 15:29 ] カテゴリ:◎2018年度版 北海道ゆっくりキャンプ泊 速報編 | TB(-) | CM(0)

2018年度版北海道のんびりキャンプ泊ー7日目

6月27日(水)ー 宗谷ふれあい公園オートキャンプ場泊

ヤッパリ昨夜から雨w
雨だと夜になってもキツネは活動しないのかな?
昨夜は万全の迎撃態勢をとっていたのに出没しなかった。

今日は一日雨らしい。
居心地のいいここにもう一泊することにした。
雨は降ってるが気持ちのいい朝。
20180627084433082.jpeg
テントの中でボォーとしたり、本を読んだりして、
今日は一日が終わりそう。
カミさんは朝からランドリーで洗濯してる。
201806270844343d4.jpeg

ではまた宜しくです。




[ 2018年06月27日 08:53 ] カテゴリ:◎2018年度版 北海道のんびりキャンプ泊 準備編 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

コウチャン

Author:コウチャン
バイクのカスタムとキャンプツーリング。
とりとめのないブログへようこそです。

貴方は何人目の勇者ですか
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR